お陰様で、オステオカルシンサプリメント「OC+」も多くの方にご体験いただける状況になりました。ご愛飲者の方からの良いご報告が何よりの喜びです。私自身も、ここ1年で体調がいい方向に向かっていることを実感しております。

そして、今はオステオカルシンサプリメント「OC+」に相乗効果が期待できることを加えた生活習慣を取り入れております。

オステオカルシンサプリメント「OC+」の効果を高めるために改善した3つの生活内容をご紹介します。

まずは、睡眠の見直しから始めました。なるべく早い時間、23時までには就寝するよう心がけました。早い時間の睡眠は体の疲れを取るだけではなく、体の機能を休ませ、諸々改善されていることを実感します。

以前は深夜1時ぐらいに就寝していましたが、2時間早く就寝するようになり当然のことながら2時間早く目覚めるようになりましたので、今は5時に起きています。早起きによって得られた朝の2時間は、自分にとって大変貴重な時間になっております。

5時という早朝は、車や電車の音や人の声など社会的な音があまり無いので静かです。静かな環境は気持ちが落ち着き、集中力が増します。また早朝は、気温も低く体感的にさわやかです。コーヒーでも飲んでプチ瞑想を行うと気分も更に落ち着き、穏やかな気持ちになります。睡眠の変化により、一日の過ごし方が大きく変わりました。

さらに気をつけるようになったのが食事です。数年前までは、時間の関係なく日常的に暴飲暴食をしていました。その結果、見事なメタボリックシンドロームに陥り、高血糖・高血圧・高肥満・高コレステロールその他諸々になり、老化が加速したのは言うまでもありません。

まず、食事で気をつけることは食べ過ぎないことです。食べ過ぎると、どうしても処理しきれない糖分が体内に蓄積します。その蓄積した糖が、活性酸素を増加させて細胞を傷つけることになるからです。それは、疲れやだるさで現れます。

このような経験を反省した今では、食事は腹八分にしてできるだけ食物繊維とタンパク質を意識して摂取するようにしています。

それから、周知されていることですが、やはり食べる順番も大切ですね。野菜などの食物繊維を最初に食べ、次にタンパク質のものを、そして汁物の後に糖分が多いご飯などの炭水化物を食べています。この順序で食することで、糖の吸収が穏やかになることが実証されています。とにかく老化の親玉の活性酸素を増やさないことを意識して食事もしております。

活性酸素のことを考えますと、夏場に入ってきての甘いジュースは要注意です。汗をかいた後は、ついがぶ飲みしてしまいます。がぶ飲みすることで、多くの糖分を一気に吸収してしまうのは活性酸素の増加に繋がります。量を控えるか、お茶に切り替えることが大事だと思います。

食事の時間に関しましても、基本的には夜の8時以降に食べないようにすることも大切です。10時以降の食事は、活性酸素対策に於いては、レッドカードだと自分では考えています。理由は簡単で、糖をエネルギー化する時間が少ないので、体内への糖の蓄積を加速させるからです。それでも、時々、そのルールを破る自分がいます。メタボを経験したのに駄目ですね。

そして3つ目は、日常的に軽い運動を心がけていることです。私が行っているのは、1日1回のかかと落とし運動1分、スクワット1分と気が向いた時の軽いダンベル運動4~5分だけです。後は、通常時にできるだけ歩くようにしていることぐらいです。

このように軽い運動で継続できることを中心にしたのは、OC+を飲むようになり、これくらいの軽い運動でも効果を体感できるようになったからです。運動とオステオカルシンの相乗効果は高いように感じます。だんだんと運動に心地よさを感じるようにもなり、運動に対する積極性も出てきたように思います。

気を付けていることは、いずれの運動の時も背筋を伸ばすことです。背筋を伸ばして運動することを意識しますと、体幹がしっかりし、連続して運動しても疲れにくくなりました。

このように睡眠・食事・運動をOC+と併用させることで、互いの相乗効果が高まることを日々体感しております。

よく考えてみますと、睡眠と食事と運動が大事であることは以前から解っていたことです。何故、以前は出来なくて、今は出来るようになったのか考えてみました。

私の場合、理由は2つあるように思います。

1つ目は、私なりに健康維持の基本を学んだことで、健康にとって体系的に何が大事であるかということを理解したからだと思います。以前の私は、健康維持の情報が断片的でまとまりがなかったので、体系的な理解ができておらず、興味本位で始めても三日坊主になることが多かったからです。

2つ目は、実はこちらの方が大きいのですが、効果を短期間で実感できるようになったことで、飽きる前に続けるモチベーションが生れるようになったことです。

これは、自分ではOC+のお陰だと思っております。効果を早期に実感できて、更に前進しようという積極性が、現在の睡眠と食事内容と運動の継続に繋がっているように思います。今では、早期効果を実感していただくために、OC+との相乗効果がある上記の3つのことを取り入れていただくことを他の方にもお勧めしております。

最後に食に関してのプチ情報です。

最近、自分の脳で決めていると思っていた食事の内容が、意外と違うところから意志決定されているということを学びました。それは、腸からだったのです。

今までは脂っこいものや糖分の高いものが大好きでした。それを止められないのは、自分の意志が弱いからだと思っていました。

最近、腸内フローラを勉強していて、興味深いことを知りました。

腸内フローラを形成している腸内細菌は、善玉菌(やせ菌)と悪玉菌(デブ菌)と日和見菌菌で構成されているそうです。善玉菌(やせ菌)と悪玉菌(デブ菌)の割合は、ほぼ決まっているようです。そこで問題となってくるのは、一番割合の多い日和見菌の存在です。その名の通り、この日和見菌は、善玉菌(やせ菌)にも悪玉菌(デブ菌)にもなるというおもしろい存在なのです。

脂っこくて糖分の高いものを多く食べれば、日和見菌は悪玉菌(デブ菌)になります。そしてその悪玉菌(デブ菌)は、まだ脂っこくて糖分の高いものが欲しいと脳に要求してくるのです。過去の私は、悪玉菌(デブ菌)に操られた食事ばかりを選択していたのです。それが自分の食の好みであり、意志だと思っていたのです。現在は、日和見菌を善玉菌(やせ菌)にすべく、食事内容の改善に取り組んでいます。

腸内の日和見菌が善玉菌(やせ菌)側になるように、野菜などの食物繊維やタンパク質などを優先的に食するようにしています。

最近は、腸内がやせ菌優勢になったのでしょうか。自然と脂っこいものや糖分の高いものを敬遠するようになりました。食の好みが180度変わってきたのです。本当に不思議です。